6つのサプリメントで私のアトピーが治った話

アトピー性皮膚炎は、いまどこまで解って、何ができるのか。 自分で改善を目指すための様々な情報をご紹介しています。
電子書籍「アトピー考察ノート」も販売中。

こちらに引っ越しました。↓

http://glutamine-diet.officialblog.jp/archives/3253049.html




Amazonにて購入可能です。もくじは以下に表示します。





もくじ



第1章:アトピーについて簡単に知る

 1:アトピーとは何か ~ アトピーについてざっくり知る
  絶対的な特徴:くりかえすカユミ
  「アトピー」の語源
  アトピーはアレルギー症状のひとつ
  アレルギーには種類がある
  【Column】アトピー性皮膚炎はI型とIV型の混合型アレルギー

 2:アトピーの特徴・症状 ~ アトピー性皮膚炎はこんな病気
  アトピー性皮膚炎があらわれやすい部位
  アトピーの診断基準
  【Column】アトピーの男女差

第2章:カユミのメカニズム

 1:カユミを感じる、ということ
  本来「かゆい→掻く」は正常な防御反応
  カユミの神経
  カユミには種類がある
  【Column】カユミの神経回路が痛みとは別だと判明したのは、意外にも最近のこと

 2:カユミ・炎症を起こす物質について知る
  「カユミ→掻く」のくりかえしで、様々なカユミ物質が生まれる
  カユミにさらされる時間が長いほど、より深刻に、より過敏になる
  【Column】次々発見されるアトピーのカユミ物質

 3:カユミ物質放出の裏にある事実 ~ 免疫
  免疫機構の最前線でもある皮膚
  知らない間に働いている2つの免疫
  判断するのは、T細胞

第3章:アトピーの原因としくみ

 1:原因探求の現在
  原因、メカニズムは未だ完全解明されていない
  原因は大きく2つ

 2:内的要因とは
  [1]皮膚の問題
  [2]内臓の問題
  [3]免疫の問題

 3:外的要因とは
  [1]栄養摂取の過不足
  [2]細菌、真菌などの繁殖、侵入
  [3]生活環境から受ける過剰な曝露、摂取

 4:内的要因、外的要因が複雑にからみあっている

 5:アレルギーとの関与が色濃くなってきた菌とのつきあい方

  i)菌との関係が免疫機構の構築に関与している
   再び注目される衛生仮説
   成長過程での細菌感染が、免疫バランスの要「Th1/Th2バランス」を補正する
   【Column】生後はじめての菌感染源は母親

  ii)成長後の免疫の主体は腸にある。第二の脳:腸
   腸内にどんな菌を棲まわせるかで、Th1/Th2バランスが補正できる
   【Column】大人になっても胸腺は細々と働き続けている

  iii)アトピーのきっかけにも、悪化にも、「菌」が関わっている可能性が高い
   乾燥肌に繁殖する菌
   にわかに注目を集める、「ありふれた菌」の脅威
   アトピー悪化要因のひとつとしても注目される、腸管内でのカンジダ繁殖
   【Column】カンジダを殺すのも一苦労

 6:生体リズムを無視した暮らしが免疫バランスを崩す

  生き方の中に、アレルギーへのなりやすさを抱える現代人
  地球のリズムを獲得した生物が繁栄していく
  熾烈な生存競争のなかで生命はより複雑になる
  リズムを守れるよう導く自律神経
  リズムを崩し易い、現代人の生活
  ストレスが崩す自律神経バランス
  【Column】時計遺伝子と光

 7:現代社会のあり方こそが、アレルギーの原因かも

第4章:アトピーの医療

 1:アトピーの診断と治療

  まずは正しい診断を
  日本のアトピー治療は、「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」に沿うのが基本

 2:パートナーとなる医師選び

  医師によって、治療方法が違うのはなぜ?
  医師の主義や考え方によって、アトピーの治療方針は異なる
  治療ガイドラインを基準にした治療法の選択が一般的ではあるが,,,。
  ステロイド使用をめぐる葛藤
  選択に戸惑うアトピー患者

 3:自分の体は自分のもの

  【Column】今後のアトピー医療と遺伝子検査

第5章:セルフケアに取り組む

 1:はじめに

  自分の体質を把握し、自分で取り組む
  医療をかしこく使う
  原因に対する取り組みを理解する

 2:食を見直す

  1)栄養バランスを補正
   そもそも必要な栄養が正しくとれているか
   脂肪酸摂取の偏りがアレルギーの一因となっているかも
   【Column】サプリメントが必要な時もある。しかし...。

  2)消化器系をいたわった栄養摂取
   消化器系へのアプローチで、アトピー改善効果が認められてきている

  3)腸内細菌叢バランスを日頃から意識する
   腸管免疫の働きを正常に保つには、腸内細菌叢のバランスがカギ
   【Column】ヨーグルトは機能で選ぶ時代

 3:生活リズムを整え、免疫のバランスと働きを補正

  1)休息・睡眠
   意識しなければとれなくなっている「休息」
   「休息」であるはずの睡眠。でも体は次の活動に備えた準備活動を行っている。
   成長ホルモンが皮膚の新陳代謝を促す
   抗炎症ホルモンの分泌には充分な睡眠が必要

  2)活動・運動
   運動とストレス発散についての研究論文
   よい汗は抗菌ペプチドの生成にも繋がる
   【Column】よい睡眠には、運動とおしゃべり

 4:スキンケア

  1)洗浄・保湿
   i)洗浄
   アトピーの予防にも改善にも重要な洗浄
   ゴシゴシ洗いは禁物。優しく、泡で洗うイメージで。
   迷う洗浄剤の選び方

   ii)保湿
   アトピー予防のスキンケアにおいて最重要ポイントなのが保湿
   【Column】自分の皮膚に何が必要なのかは、人によって違う

  2)知っているとかなり役立つカユミ対策の知恵
   「カユミ」とのつきあいは日常的なものだった
   見直される、古来からのカユミ対策
   【Column】湯の成分が皮膚に吸収されるメカニズム

 5:原因物質の除去

  1)カンジダ菌への対処

  2)その他の原因物質の除去

巻末:おすすめ食材と効果的な摂り方

 胃
 小腸
 大腸
 副腎
 肝臓・腎臓
 カンジダ対策
 <上手に献立に利用しましょう>